S19 » Mac OSX環境で仮想OSを使用される場合のご注意

オンライン認証システムを採用しているタイプバンクフォント製品は、その認証の過程で仮想OSソフトに影響される場合があります。
Mac OSX環境で仮想OSをご使用になる場合、以下の点をご注意ください。
VMware Fusion、Parallels Desktopなどの仮想OSをMac OSXと併用される場合、以下の制限が発生します。

 

  1. 1台のPS環境であっても、仮想OSへのフォントのインストールは別のフォントライセンスが必要になります。
  2. 仮想OSを搭載した環境でフォントをインストールした際、オンライン認証サーバに登録されるコンピュータ名が正しく登録されない場合があります。 フォントのご利用には問題ございませんが、オンライン上で登録情報を把握・管理される場合、関連のないコンピュータ名に変わって登録されてしまう可能性がございますのでご注意ください。
    • ここでいうコンピュータ名とは、インストールメニュー画面の「登録情報の確認・変更」からオンライン認証サーバの管理画面にアクセスした際に表示される、認証済みPCのコンピュータ名です。

【補足】
Boot Campをご利用の場合は仮想OSの扱いには該当いたしませんので上記の制限事項は発生しません。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk